Nightclub of Particulates

 unnamed-3.png

 

 

出演
渚ようこ

(演奏:花園臨界実験所 (ギター・ベンジャミン・オイカワ、
ベース・的場慎太郎 、オルガン、ピアノ・たけやん(鍵盤屋)
、ドラム・長谷革ナオヤ、躍り子・デリシャスウィートス)

-

灰野敬二( 本イベントの為に「哀秘謡」を再結成。メンバー未定 )

-

DJ DJ2741

 

 

 

5月13日(土)
新宿JAM

開場 19:00 開演 19:30

 

(チケットをお持ちの方からの入場になります。)
料金 前売3500円 当日4000円(共に1ドリンク600円別)
発売 新宿JAM店頭販売、汀店頭売り0332024567(20:00以降)

イープラス、ローソンチケット(Lコード75343)

問合せ/電話予約 JAM Tel:03-3232-8168(15:00~24:00)

メール予約  jam@rinkydinkstudio.com

elegance223@gmail.com

イラスト・岡田成生

デザイン・菅沼朋香

 

企画・Sound・Of・Elegance  協力・Chiro

============================

漆黒よりも黒い黒 極彩色よりも鮮やかな虹

渡邊未帆

 

 あの灰野敬二が歌手・渚ようこの熱いリクエストに応えて一夜限りに「哀秘謡」を再結成するという。「哀秘謡」というのはご存じの方も多いと思うが、灰野敬二による歌謡曲のカヴァー・バンドのことである。最初のアルバムは1998年にリリース、それ以降最後の「哀秘謡」名義のライブは2008年5月だそうだから、今回9年ぶりに我々は生でそれを体験することができるというわけだ。

 灰野敬二は「哀秘謡」で歌謡曲を木っ端微塵に破壊し、瞬時に漆黒に塗り潰し、それを異次元の形に産み直す。一方、これまで阿久悠、横山剣、三上寛、山谷初男、内田春菊、山崎春美・・・など多彩な怪物たちと共演し、昨年デビュー20周年を迎えた渚ようこ。花園臨海実験所をバックに彼女が歌い、叫び、創り出す極彩色の歌謡曼荼羅を、ためらいもなく私は「ロック」と呼びたい。

 ひょっとして、「渚ようこ&灰野敬二」という日本の歌謡史上最も異形であろうデュエットなんて聴くことはできるんだろうか…? いずれにせよ、この超然たる競(共)演を全身全霊で受け止めたいと、私は思う!

ニューアルバム「渚ストラット」 

nagisajyake1.jpg

◎渚ようこの全身歌謡歌手宣言!「渚ストラット」

 

デビューに十年目にキメた大見得・全十曲

 

演奏・花園臨界実験所 Organ/piano たけやん(鍵盤屋)

Guitar ベンジャミン・オイカワ

Bass 的場慎太郎

Drums 長谷革ナオヤ

 

歌謡曲を愛し、その神髄を唄い続ける渚ようこは今年、歌手生活二十周年を迎える。待望の新アルバムは骨太でハード・ボイルドな演奏表現が身上の四人衆「花園臨界実験所」がバッキングのスタジオライヴ録音。エンジニアには彼女のアルバム「ゴールデン歌謡シリーズ」のサウンドプロデューサーでもある、名古屋・大須の名匠、松石ゲルを配し、ハード・ロキッシュな歌謡曲がタイト一点張り研ぎ澄まされた仕上がりになっている。 今やステージの定番になっている「カモネギ音頭」「新宿マドモアゼル」をはじめ、「幻の名盤解放同盟」から「夜のワーグナー」と呼ばれ、強烈な支持を受ける藤本卓也の作品「最後の人」(オリジナル・佐々木早苗)を絶叫、「新小岩から亀戸へ」大和屋竺監督のエログロ映画「愛欲の罠」の主題歌「朝日のようにさわやかに」「ディープパープルはどこ?」スタンダードの「サマータイム」(日本語訳)をクールかつソウルフルに唄う。 作詞家・阿久悠のペンによるドラマティックなオリジナル曲「哀愁のロカビリアン」永遠の歌謡スタンダードナンバーともいえる「津軽海峡冬景色」 新曲「ガセネタの荒野」(作詞・山崎春美  作曲・松石ゲル)を含む全10曲。ジャンプ・ナンバーからロマンティーカまで、激烈不動のステージングで2015年の横浜寿町サマーコンサートで観客を熱狂の頂点にまで押し上げた渚ようこと花園臨界実験所の唄と演奏がここに蘇る。

●レーベル : Sound・Of・Elegance(販売元・ウルトラヴァイヴ) ●発売日 : 2016年9月14日 ●品番 :SOE1019 2300円(税別)

1・新小岩から亀戸へ      作詞・山口晴男   作曲・水上雅夫 2・朝日のようにさわやかに〜映画「愛欲の罠」主題歌〜 作詞・上杉清文  作曲・杉田一夫 3・ガセネタの荒野      作詞・山崎春美  作曲・松石ゲル 4・最後の人          作詞・藤本卓也     作曲・藤本卓也 5・サマータイム  訳詞・ボンソワール・Y 作曲・ジョージ・ガーシュウィン 6・新宿マドモアゼル  作詞・橋本淳  作曲・筒美京平 7・カモネギ音頭    作詞・ 吉岡オサム 作曲・了瑛頁

 8・ディープ・パープルはどこ?  作詞・ 八坂裕子     作曲・冨田勲9・津軽海峡冬景色   作詞・阿久悠  作曲・三木たかし 10・哀愁のロカビリアン 作詞・阿久悠 作曲・宇崎竜童

-

『ビッグショー・渚ようこの歌謡渡り鳥』

 image1.jpeg

 

 

4月29日(日)松本・ピカデリーホール

 

演奏・花園臨界実験所
躍り子・デリシャスウィートス

《昭和の坩堝》

昭和再稼働を掲げる幕の内イベント 2回目の開催

・ウエルカムダンス
・ナワテドールのディスコタイム(ダンス)
・小ネタの時間(監修:湯浅学)
・スウィンギング松本(ファッションショー)
・昭和CM傑作選(勉強)
・チャーリー坂本(ライブ)
・ムカミ&アミ&サトヤ(ライブ)
・渚ようこ 歌謡渡り鳥(ライブ)

2017年4月29日(昭和の日)

渚ようこの出演は19:30〜20:30の予定です。

開場12:00
開演17:00

ピカデリーホール
〒390-0874 長野県 松本市大手4-7-2

予約・前売り2500円/当日・3000円

チケット予約、お問い合わせ
ゲストハウス東家
070-1379-8080
guesthouse.azumaya@gmail.com

ゴールデン街【汀】

413ikumade.jpg

ejikijpg.jpg

2016年 10月27日(木)にゴールデン街・汀は14周年を迎えることができました。

これまで支えていただいたお客様と汀ガールズ(スタッフ)の皆様、ありがとうございます☆☆☆

今後共どうぞよろしくお願いいたします☆

《ゴールデン街・汀 》

2003年10月に新宿ゴールデン街にオープンした渚ようこのお店

http://www.goldengai.net/shop/b/03/

41satetudoor.jpg

ドアの神代辰巳監督の「青春の蹉跌」が目印。

424kami.jpg

昭和の絵師・上村一夫さんのイラストが描かれたコースター

nagisa_map13.jpg
クリックすると拡大します
新宿区歌舞伎町1-1-1003-3202-4567営業時間:20:00~2:00 (日、月 、火のみ0:00閉店の場合有り)不定休